JP EN

ゴジホピブログ_5_「豚娘」様 

おかげさまで私の「ゴジホピ」活動に対して、友人達から理解と多くの励ましや協力をもらっている。やはりこの状況下で、色々な意見をいただく。安全はエビデンスが証となってくれるが、安心は人によって感じ方が異なるものだから、十人十色のご意見は当たり前のことだ。その中で私も日々悩み、考え、試行錯誤の毎日だが、友人達の賛同と協力は心の支えの一つであり、私の背中を力強く押してくれている。先日も名古屋に住む友人の一人が「名古屋でゴジホピしてるよ!」と、フェイスブックにアップしてくれてとても嬉しかった。新幹線に飛び乗れば、3時のコーヒーを味わっている間に到着できる名古屋、許されるなら今すぐにでも飛んで行きたいと「山ちゃんの手羽先」を思い浮かべつつ、心から思った。

そんな1月末の某日、新橋でのゴジホピには、私の毎日をあれやこれやで支えてくれている友人2人が同行してくれた。

伺ったのは、新橋の「豚娘」(とんこ)様。女性スタッフだけの立ち飲み屋さんとして絶大なる人気を誇り、新橋を代表する一店舗様だ。

私も若かりし頃からお世話になっており、恵子店長様にはWhat’s  立ち飲み、What’s やきとん、、、と多くを教えていただいている。

 

今日の乾杯。駆けつけてくれた友よ、ありがとう。

お店のおすすめ 自家製「特製モツ煮込み」(さっぱり醤油味)。うまし。

友人達からの人気だったバラしそチーズ巻。

 

隣接する「鶏繁」様の人気料理「手羽元カラあげあげ」もいただけるお得感♪

「豚娘」様といえばこの一本、「豚に真珠」。豚肉100%のオリジナルつくねには、ナンコツも入っていてカリッとした食感が旨味を増している。真珠=半熟卵とのマリアージュは豚娘様へ伺ったら絶対にオーダーする一本。

大事な黄身が残っていることに気づいて下さった店長から、ねぎまを勧められて「真珠」を2度、楽しめた。さらにお得感♪♪

3冷シャリキンホッピー。オリジナルジョッキに勢いよくホッピーを注ぐと、キュートなTONKO Smile笑顔が現れた。このように、微細なところまでアイディアに溢れていて気付くたび、その一つ一つがとても嬉しい。

締めは「となりの鶏繁さんの特製土鍋ラーメン」で。鶏のスープでさっぱり、体はほっこり。殊更寒さが身に染みた夜、私たち3人は美味しさに一瞬、言葉を失ったのだった。

電車の社内を模した店内の壁に、ずらっと貼っていただいているシャリキンホッピーのポスター。どうもありがとうございます!

 

実は年末にご訪問した際の帰り際、恵子店長から「こんな時に来てくれてどうもありがとう」と心からのお言葉を頂戴して、胸にぐっと来ていた。ご飲食店様こそ、予測できない怖さを抱えてご営業されているだろう感じる。ましてや都会のど真ん中。それこそご営業に悩み考えに考えてのご開店という選択肢に違いない。

そしてメーカーである私たちホッピービバレッジは、開けて下さるご飲食店様がいてくださるので、ホッピーを売っていただける。お客様がお店を開けてくださらなければ、ホッピーを売ることができない。これは私たちの力ではなんともならないことを、この1年間、これまで見たこともない、目をひん剥くような数字を見かけるようになって痛感している。

私たちは無力だ。

「こちらこそ、こんな時にご営業くださってどうもありがとうございます」、なのだ。

帰り際、恵子店長と気持ちはがっつり握手したいところ、代わりに互いのゲンコツを合わせてご挨拶。しかし、言葉はなくても心を感じるには十分だ。

「頑張っている仲間がいるから私も頑張れる。共に頑張る仲間がいれば、どんなことでも乗り越えられる」。今夜もこの言葉が心に浮かんだ。新橋から帰る足取りは軽かった。

 

「豚娘」様

東京都新橋2−9−17

03−3508−1122

http://www.torishige.com/tonko/