JP EN

ゴジホピブログ_2_「スタンドバーサカグチ」様

2021年1月のある夕方、四谷駅を降り立った。

向かった先は、地元の老舗業務用酒屋様が経営されているスタンドバー。
四谷駅徒歩5分、20号線、上智大前の細道をちょっと入ったビルの2階、隠れ家的な存在だ。

その名もスタンドバーサカグチ様(通称:バーサカ様)。業務用の酒屋様が直営のバー、こだわり抜かれたお酒がことさら美味しいのだ。

この時、17時半過ぎ。

店内にはビジネスマンや地元の方が既に楽しそうに穏やかに飲み交わしている。気取らない、落ち着いた大人な空間が心地よい。

お酒へのこだわりはホッピーにも注いでくださっている。

   

「自慢の…」というフレーズにスタンドバーサカグチ様の、ホッピーへの愛を感じてなんともありがたく、壁の上部に貼られたコピーに向かって心の中で一同、頭を深く下げる。

美しく金色に輝く「自慢のホッピー」は、のど滑りが最速になるほど美味しい。あっという間に一杯目のジョッキが空になった。

業務用酒販店の坂口様は、私の若かりし頃、まだまだホッピーの元気が足りなかった頃に、先に手を差し伸べてくださり、ホッピーの拡販や市場に支持されるホッピーの飲み方の研究などに力を注いでくださった大事なお客様である。四谷にご本社を構えていらっしゃるので社内では「隣町のお客様」などと呼ばせていただいている。

スタンドバーサカグチ様のもう一つの、おすすめメニューは、ホッピービバレッジ社製レモンハイを使った「みぞれサワー」である。

程よい「レモン感」とみぞれの「シャリシャリ食感」のマリアージュは、絶品。
おもわず社長様へショートメッセージで、「自慢のホッピー」と「みぞれサワー」の感激と感謝をお伝えする。

すると、
「メーカーさんが美味しく作ったものを美味しく飲んでいただくのが流通の努めです」

即座にいただいたお返事、先方の社長様から頂戴したありがたいお言葉だ。

私たち生産者は、もっともっと美味しい製品を作ろう!心に誓う。

 

かなり冷え込んだこの日、酒屋様のスタンドバーにお邪魔したら日本酒も頂かないとね!と、豊かな品揃えから勿論、燗酒も堪能させていただいた。大変幸せなハナキンナイト。

 

都心のど真ん中の、まさにビジネスピープルパラダイス!気づけばソーシャルディスタンスを保ちながら店内は、ほぼいっぱい。

暖かく穏やかな居心地の良い空気が充満していた。

「あれ、やっぱりミーナさん?」旧知の方との数年ぶりの再会というご縁も恵まれた。

やはり私の駆け出しの頃に、弊社のイヴェントによくいらしてくださったり、ホッピーをこよなく大事にして応援してくださった方のお一人だ。その頃にスタンドバーサカグチ様も御開店されている。その方は、ご開店以来ずっと、バーサカ様に通い続け、変わらずにホッピーをご愛飲くださっているそうだ。

 

スタンドバーサカグチ様で過ごした今夜、私のホッピーピープルとしての一つの起点に触れたような気がした。

そして改めて、目と鼻の先の隣町に貴重な宝があったことを思い出すことができ、つくづくありがたいと思った。

 

追記

数日前のこと、先方の営業部の上役様から「あの日、売り上げが良かったそうです。沢山、召し上がっていただいたようでどうもありがとうございます!」と弊社営業に大変丁寧なご連絡を頂いたそうだ。
当日、伺ったのはホッピービバレッジのレディース部隊3名であることも明記しておく…。

 

〔スタンドバーサカグチ〕様

東京都千代田区麹町6−6−7ー2F

03−3239-0222

(1))JR中央線(快速・各駅停車)

四谷駅・麹町中央口から徒歩5分

(2)東京メトロ丸の内線・南北線

四ツ谷駅・JR口から徒歩5分

https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130902/13095402/