JP EN

日文プチ同窓会

10月25日(月)曇り

昨日の大興奮の立教ホームカミングデーの最後は
私の講演をきっかけに企画してくれた
学科のプチ同窓会!

ジュニア2名を含む11名が集合。

卒業してからこうして集まるのは
初めてじゃないかなぁ。

86年入学の私達、日本文学科は3クラスでした。
誰が何組だったかという話は、同窓会につきものですよね。

「M組の人?」は~い、は~い、は~い。元気よく上がる手。
「え~○○ちゃん、N組だったんだ!Mだと思ってた」

私が「私ってP組だった?」とポロっと口にすると
「Pなんて無いわよ!あだ名がピーコだからって自分の組までPにするな~!」
とつっこまれた。
いや、ボケたわけでなく、本当にわからなくなっていたのでした。
ちなみに二語をドイツ語にしていた私は、O組だそうです。

大学を卒業しての20年。
就職、結婚、出産、子育てとか
私のように跡を継いだりとか。
そして、もちろん生きていれば、幸せなことばかりではなく
それぞれに激動の日々を過ごしていたのですよね。
だから。
図らずもご縁が遠くなっていた部分も・・・。

今だから話せる話を共有して涙する場面もあったり。

「ごめんね、あの時力になれなくて」と
詫び合う場面もあったり。

青春時代を共に過ごした大事な仲間達と
旧交を温めることが出来て
本当に幸せでした。

まさに「再縁」。

再びご縁を結ぶことが出来て良かった!

卒業20周年の集いと、ホームカミングデーがご縁を繋いでくれました。
機会を作ってくれた母校にもとても感謝です。
2010年10月は忘れられない一月になったな。
このご縁が途絶えてしまわないように大切に繋いでいこうね。
みんな、また会おうね~!!
そしてもしこのブログをご覧くださった中に、
平成2年立教日文卒の同級生がいらしたら。
ご連絡を頂けたら嬉しいです!info@hoppy-happy.com

1024-9.JPG