JP EN

2010年文化の日の”ホッピー家の嬉しい”

11月3日(水)晴れ

文化の日にふさわしい素晴らしい秋晴れの今日、
我が家と我がホッピー社に、嬉しいニュースが走りました。

父、ホッピー2代目の叙勲。
1103-1.JPG

お陰様で、旭日小綬章を頂くことになりました。
1103-2.JPG

かつて祖父が2つの勲章を頂いていて。

同じ跡取りとして
なんとなく父の気持ちが分かるような気がしていた私、
父にも・・・と願っていたので
何とも嬉しいです。

父もなんとなくそわそわしていて
新聞紙上で発表となり改めて公になった
今日は、朝から
自宅⇔会社を行ったり来たり。

10日に農水省で頂いて、そのあと皇居で
陛下に拝謁だそうです。

改めて、祖父と父があって、
3代目の私がいるんだなと。
祖父、父がこの清涼飲料業界に身を投じて
頑張ってくれての私達、後塵なんだなと。

奇しくも時期を同じくして、
ウィーンフィルから日本人で初の
名誉団員の称号を贈られた小澤征爾さんの
バッハを静かに聴きながら
ホッピー社の、そして
清涼飲料業界のバトンを受け取る
自分の使命の重みを、しんしんと感じる文化の日。

改めて、すごい祖父と父をもったものだなと。
良い意味での緊張感、プレッシャーが
私にかかってきます。

普段、ちっともお着物は着ない母、
今回の受章ではさすがに観念して仕立てました。
「美奈、将来、貴女が受ける時には
このお着物を着てね」って・・・。

「そっかぁ、その時一人だと寂しいから
一緒に行ってくれるパートナーを見つけなくっちゃ!」
会社でつぶやいたら、すかさずカレラさん
「しゃちょー、それじゃぁ、前の結婚の時と
何も変わっていませんよ!」鋭いところをつっこまれた・・・。

「おおもり~!」出逢って早8年。
私が彼を呼ぶ声は社内の風物詩になりつつあります。
叙勲内示の時から今回のバトラー役を自ら買って出てくれている
GMこと、我が社の大森氏からも
「2代目、3代目の叙勲をお手伝いしたいです」。

偉大な祖父と父をもつと
決してラクではありませんが
常に追いかけたい背中を示し、
後輩たちに夢を与えてくれるので
とても有り難いなと。
嬉しいなと。

2010年11月3日。
ホッピー3代目の私に、
そして、我がホッピー社に大きくて新たな夢の灯が灯った記念日。

ホッピー家に生まれてきて心から良かったな。
パパ、ママ、ありがとう。