JP EN

NEWS

ニュース

HOPPY ART LAND 2017年12月カレンダーアートのお知らせ

ホッピーをインスピレーションに、世界各国のアーティストが描くカレンダープロジェクト「HOPPY ART LAND」。2017年12月のカレンダーは、アメリカ合衆国サンフランシスコ在住のケイティ・テニスが手がけました。

ファッション業界でパターンデザイナーとしてキャリアを築いたのち、絵本作家になったケイティが描く動物は色鮮やかで丸みのあるフォルムをしており親しみを感じさせ、子ども服やソファなどインテリアにも利用されています。

自然美やジャングルに生息する野生動物の姿形からインスピーレーションを得るという彼女は、これまでもウガンダなど世界各国のジャングルを訪ね、野生動物とともに過ごす時間を大切にしており、自らを「ジャングル探検家」とも称しています。

今作では、もみの木を囲んでホリデーシーズンをホッピーで乾杯しながら祝う動物たちを描いてくれました。「日本の審美眼は優れていると思っているので、アートランドに作品を寄せることができて光栄」とコメントを寄せています。

<HOPPY ART LANDについて>

ホッピー・アートランドは2016年1月に開始した月替わりで更新されるスペシャルカレンダープロジェクトで、プロデュースおよびアートディレクションはニューヨークを拠点に活躍日本人アートディレクターのFuko Chubachi氏。世界中のアーティストの中から毎月一人、ホッピーの世界を自由にアートで表現してもらい、ポスター/カレンダーとしてお届けしています。なお、これまでのアートランドはウェブサイトのアーカイブでもお楽しみいただけます。

www.hoppy-happy.com/for-society/art-land

Fuko Chubachi(ちゅうばちふーこ)氏略歴:ニューヨークを拠点に活躍する日本人アートディレクター。撮影からアルバムジャケットのデザイン、広告キャンペーンの展開にいたるまで様々な分野で世界的に活動。主にビヨンセ、マイケル・ジャクソン、マライア・キャリーなどのアルバムジャケットを手がけ、2012年にはiPad向け専用マガジンHEAPSを立ち上げた。編集長として新感覚のデジタルマガジンのコンテンツ制作とデザインを統轄し、現在はデザイン・コンサルティング会社『3 DAY MONK』の代表としても、活躍の場は幅広い。

<お問い合わせ>
コーポレート部門ナレッジマネジメント部HOPPY未来開発課
TEL: 03-3583-8255    FAX: 03-3586-6568   info@hoppy-happy.com