JP EN

ゴジホピブログ_7_「炭火焼鳥 だいわ」様

2021年2月最初のゴジホピは、横浜は山手町へ。JR山手町から徒歩3分、商店街にある山手で有名な美味しい焼き鳥屋様、「炭火焼鳥 だいわ」様だ。

 

 

大きくて白く温かな灯りを放つ提灯に入店前から心がほっとする。

味のある暖簾。この暖簾の先に、噂に伺った「自宅にいるような何とも居心地の良い空間」が待っていてくれると思うと楽しみで心が膨らみ、暖簾に手をかける瞬間にドキドキする。

「こんばんわ」と扉を開けると、オーナーを始めオーナーのご家族とご常連が温かく迎えてくださった。すっと「だいわファミリー」のお仲間に入れて頂いたような温かさに、さっそく感激を味わう。

素敵なオーナーはハワイがお好きだそうで、BGMはハワイアンが流れている。

 

そしておすすめメニューをご用意くださっていた。

ほろほろと口の中で溶けるおぼろ豆腐(ごま油・しらす入り)。

左から、ネックの味噌焼きとトマト巻き。

コリコリで何本でもいただけそうだったつくね。

 

クセになりそうな美味しさ「いか口の唐揚げ」

 

煮込みとこあじのフライ。昭和的な家庭の温かな味に心が癒される。

そして素敵なのはご家族での御経営ということ。

私が伺った時も、オーナーのお嬢さんやお孫さんがいらしていた。お孫さんがお帰りになったかと思うと、お嬢さんは愛犬を連れて再びご来店。まだまだ生まれて間もない愛犬くんもすっかりお店に慣れている様子。ご常連も皆、拡大版「だいわファミリー」という感じで一体感が溢れている。さらに、私のような初めての者も温かく迎え入れてくださるので、とても居心地が良い。

だいわ様をご紹介くださったのは、公私ともどもお世話になっている重慶飯店様の李専務様だ。お仕事帰りにお店からのお写真をよく送ってくださり、ぜひ一度お伺いしたいと考えていた。そして叶ったご訪問。

李専務が通われるお気持ちがよくわかった!私もご近所ならば、足繁く通ったことは確実だ。

私の母は横浜出身である。ゆえに、私の中には横浜の血も流れている。だいわ様に伺い、改めて私の中に横浜の血が流れることを嬉しく誇りに思った。また必ずご訪問させていただくことをお約束申し上げて、後ろ髪を引かれながらお店を後にした。

「だいわ」様

神奈川県横浜市中区大和町2丁目33

045−622−8696

JR根岸線 山手駅 徒歩2−3分 山手駅より193m

定休日 不定休

https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140106/14007850/