JP EN

2018年11月

ブログの更新をまたあけてしまった…。あけてしまうから、次のペンが重たくなるのに。

さて、10月末から小難が続いた。

始まりは10月24日の朝のこと。寝違えたのか起き上がろうとして、首が痛くて起き上がることができない。幸いなことに神経への影響はなく、いわゆる「ちょっとやっちゃった」程度で済んだものの、外傷は「ひにちぐすり」が必要とのことで、翌週のNY出張をキャンセル。

第2弾が襲ったのは11月3日の夜。頚椎の痛みもだいぶ薄れ、週明けにはNYだと楽しみにしていたところで、3日の仕事の打ち上げが楽しすぎて、ちょいと「大人のお米ジュース」を頂きすぎ、すっかり好い加減になったところで、主治医にあれだけ念を押されたのに、10月の初めにインプラントオペをした前歯でうっかり山ちゃんの手羽先を勢いよくかじりついてしまい、当然のことながら、前歯落下。あんなに大事に、気をつけていたのに…!これには激しい自己嫌悪。

カレンダーは早いもので11月。

1が二つ重なる11月は「ひとつひとつ対応していく」という意味があると師匠におしえていただいた。確かに、赤坂食べ飲まも11月20日、21日に開催予定の第14回をもって、その名を変えるし、この頃、これまでの自分だったらお会いできないような方とのご縁を沢山頂いているし、新しいことに挑戦しようかなーなんて思い始めているし…、自分に「節目」が来ていることを感じている。

「ひとつひとつ」と確実にスピーディにでもゆっくりじっくり向き合って、自分の中に感じている「始まりの予感」がどんな形になるかを楽しみに待とうと考えている。