JP EN

思いもかけないペン!ペン!ペン!

2010年11月16日(火)晴れ

I’m just back!

ポートランド1泊3日、弾丸ツアーより
戻ってまいりました。

もちろん、お仕事です。
プライベートで行くなら、こんな無理はしない・・・。

東京でとってもお世話になっている
TKS、神里会長の新規店舗のご開店
お祝いツアー。

長岡店長の取材風景。
1116-10.JPG

お仕事レポートは、跡取り儀修行日記に譲るとして。

今回出逢った、ペンたちのご紹介を。

海外には、日本未輸入モデルがあるので
実は、チェックが欠かせないのです。

ところが、今回は滞在24時間という強行スケジュール。
半ばあきらめていたのですが・・・。

到着した土曜日の午前中、
私より先にポートランド入りをしていた
弊社の4年生、TKS様担当の原嬢と
ホテルで合流、
前述のインタビューを終えたところで

「ペンが見たくありませんか?」

彼女の一言が私の背中を押してくれたのでした。

でもいったい、どこにペンショップが・・・?

とりあえず、デパートには行ってみるものの
そもそも文具売り場が無い。

3軒め、渋谷にありそうな
若い人向きらしいショッピングモールに
期待もせずに入ってみる私達。

すると・・・、

あった!

いきなり私のアンテナがフル回転を始めます。
田舎町にこんな素敵なペンショップがあるなんて!
感激で足が宙に浮く感じ♪

色々ととても悩みましたが、今回連れて帰ってきたのは
次の3本でした。

1116-2.JPG
1116-1.JPG
Graf von Faber-CastellのLE(Limited Edition).
こんなローラーボールは見たことがありません。
かの有名な、ソローの「森の生活」モデル。
1116-3.JPG

そして。

1116-4.JPG
2008年に発売された、VISCONTI創業20周年記念モデル。
RAGTIME。シリアルナンバー、1501/2008

このキャップ周りが美しい。
1116-5.JPG

ペン先には20と1988-2008 Anniversaryの刻印が。
これまたとっても美しい。
1116-11.JPG

Ragtimeですが、ペン軸に対してキャップが重たくて
まわりやすいようなので、持ち歩きには向かない感じ。
自宅用だな。

そして、この出逢いが嬉しかった!

おなじみ、Pilotのキャップレス。
でも、国内でお目にかかったことのない
ガンメタ色!渋くてかっこいい!!
1116-7.JPG

Pilotのキャップレスは、海外市場をメインにされているのでしょうか。
このショップにも、国内に無いカラーが沢山あって
決めるのに悩んだ、悩んだ。

ちなみに彼らが、このペンのことを話すとき
「ミキ」「ミキ」と聞こえて。

ミキ?なんの幹?と思っていたら。

「Namiki」のことだったんですね。
Pilotは、海外では「Namiki」と呼ばれていることを
思い出しました。

それから、お子ちゃま用ファーバーカステル。
日本には(私の知る限り)、万年筆しか
入ってきていないはずです。

カタログを見て、欲しかった
万年筆のカートリッジが使えるローラーボールと
1.4mmのシャープペン。
1116-9.JPG
なんとも愛らしい♪持っているだけで、楽しくなってきます。

Mina’s Pen diary from Portland!
まさか、こんなに素敵な出会いを沢山頂けると思いませんでした。
計画に無かっただけに、感激ひとしお。

ポートランドは、Paradise Pen shopに感謝☆
素敵な出逢いをありがとうございました!
1116-8.JPG

さぁ、このペンたちを励みに修論がんばるぞ~!
提出まで、あと、30日!!