飲み終わったあとの
ガラス瓶のお取り扱いについて
飲料店様向けのリターナブルビン

酒屋さんルートで回収され、繰り返し使用されます。
ガラスビンは大変デリケートです。
マドラーやスプーン、串などをびんの中に入れないで下さい。
びんを傷つけ、思わぬ破損の原因になります。

一般消費者様向けのワンウェイボトル

飲み終わったあとは大変お手数ですが、お住まいの自治体のルールに添って処分して下さい。尚、収集されたびんは、キャップなどを取り除き細かく砕かれます。 この細かく砕かれたものをカレットと呼びます。この「カレット」はガラスビンの主な原料の一つで、1本のガラスビンのおよそ8割がこの「カレット」からできています。 つまりガラスビンは、使い終わったあと溶かされて、また新しいガラスビンに生まれ変わっています。 新しいガラスビンを作るのに、新たな原料(バージン原料)はほとんど必要とせず、また、ボトルtoボトル、同じものに生まれ変わることのできる原料は、他にはなかなかありません。

ホッピーとガラスびんについてさらに詳しく知りたい方は、
『ガラスびん環境シート』をプレゼントいたします。

デジタルデータ(PDF)をご利用になりたい方はダウンロードページよりご使用ください。

日本ガラスびん協会の公式ホームページ